Owner Blog ブログ

【おすすめの入院グッズ♡】



ようやく、退院が決まりました。

調子は横ばいですが、あとは”日にち薬”となりそうで、

しばらく大阪の実家で過ごしながら病院に通い、当たり前の日常に慣れていきたいと思います。

3週間の入院生活、とっても長くて飽き飽きしていたのですが、

終わりが見えると寂しい気持ちもあり、

特に外来で会うことのできない先生とのお別れは悲しいものです。

でも、やっぱり嬉しくて、23日ぶりに息子に会えるのが楽しみです。

どうしよう…。

ドキドキしてます。

この日を夢見て過ごしてきたから、なんだか緊張している私です。





たった3週間の入院生活でしたが、その間は”暮らし”が待っているので、

持ってきて良かったなぁーってものをご紹介します。


⚫︎大きいクッション

これはですね、出産する時に学んだことですが、病院のベッドって枕も小さいし、もたれられる場所が少ないんですよね。だから絶対持っていこうと思っていて、結果、やはり持ってきて大正解でした。ただ、『すごいの持ってきた患者だな。』って思われることは覚悟してください。笑 


⚫︎スキンケアシリーズ

とにかく時間があるので、スキンケアし放題です。特におすすめは、シートマスク。検温や回診の時にやるとびっくりされるし、迷惑かと思うので、1番時間が空くタイミングを狙ってやりましょう。(私は誰にも見つからなかった♪)あとは、ボディクリームとかも、とにかく丁寧に塗ることができますよ。


⚫︎ホットアイマスク

癒された〜。目の上を温めるってめちゃくちゃ気持ちいい!私は、上に記載したフェイスマスクをして、その上からホットアイマスクつけて、伸びやかな音楽をかけながら30分ほど寝てました。最高の時間です♪ただ、見つかったらちょっと変な人ですね。笑


⚫︎高級ふりかけ

これは事前に調べたらけっこうおすすめしている人が多く、なるほどー!と思って私も準備していきました。途中でなくなったので今は病院のコンビニにあるふりかけを置いてますが、満足度は全然違います。高級って言っても、コンビニには売ってない、ちょっといいやつってことです。


⚫︎スマホフォルダー

スマホを挟んで立てられるフォルダー。これがあると動画を観るときに便利でした。私のはカメラ用に三脚になってるやつが家にあったので、持ってきました。もともとカバーに立てられる機能があると、それで十分だと思います。


⚫︎爪切り&耳かき

1週間以上の入院だと、あると助かるかなーと思います。なくても乗り切れる気もしますけどね。


⚫︎S字フック

これも調べて参考にしたものです。なんとなくあると便利でした。私は色々と細かいものを入れた紙袋やスーパーの袋をゴミ袋にしてかけてました。


⚫︎紙袋

適当なサイズの紙袋が数枚あると便利です。細々したものを分けられるし、帰りは処分して帰れます。私は身の回りのものを入れたり、クローゼットの中で、下着入れとして使ったり、数枚活用していました。


⚫︎クリアファイル

色々資料をもらうから、あると便利だという情報を入手して持ってきました。実際、紙ものはけっこう多く、手術の同意書から入院計画書とかリハビリや栄養指導の書類とか。あったら便利です。


⚫︎はさみ

術後すぐは、ふりかけの封を手で切るのも意外と力が必要だなーと感じるので、あると便利でした。


⚫︎食品用ポリ袋

何かで使うかなーと思って持ってきたけど、私は食べきれないごはんをおにぎりにして置いておくのに使ってました。だから、サランラップでもいいかもしれません。


⚫︎小さいバッグ

みんな持ってくるかなって思いますが、必要です。リハビリ行く時とか、下のコンビニ行くときとか、貴重品とペットボトルを入れて持ち歩けるサイズ。


⚫︎Tシャツ

持ち物の前開きパジャマとは別に、Tシャツを持ってきました。開胸手術だしどうかなーと思ったけど、一般病棟に移動してからはずっとTシャツ着てました。私はあんまりパジャマが好きじゃないのもありますが、いかにも病人感がなくなってよかったです。


⚫︎タンクトップ

綿のもう何年も使っているタンクトップがあるんですが、これも持ってきて良かった。開胸手術についての下着事情がわからなかったんですが、このタンクトップを着て、上から胸帯を巻いて、さらに上からTシャツを着てました。だから、術後とはわかりにくく、よく面会者に間違われました。逆に術後だよってアピールした方が安全かもしれないので、(胸帯つけてたら、切ったんだなってわかります。)その場合はTシャツの上から巻いた方がいいかもしれません。このタンクトップは、しばらく活躍しそうです。なぜなら胸帯は6ヶ月も付けなければいけないから。毎日ぺしゃんこにつぶされて、ない胸がもっとなくなりそう…。


⚫︎Amazonプライム&Netflix

持ち物ではないけれど、これがケータイの中にあるかどうかで充実度がかなり変わります。映画を観たり、ドラマを観たり、贅沢な時間でした。あとは、病院内にある図書コーナーで漫画を借りて読んだり、TVを観たり。ちなみにTVは有料です。





こんな感じかな?

足りないものは下のコンビニに揃っています。

そうそう、持ってこなくて良かったのは、高級ジャムです。

これはですねー、病院のパンはパサパサで美味しくなかったからです。

私は朝はパンを選んだんですが、水分制限がある中で口の中の水分は更に奪われるので、途中からごはんに変えてもらいました。

パン好きだけどなんでもいい訳ではなく、パン屋さんの美味しいパンが好きなんです♪

という訳で、ジャムは必要なかったです。

あと水分制限があるって知らなかったので、コーヒーや紅茶や ハーブティーを持ってきたのですが、これもいらなかった。

心臓手術する方はきっと水分制限あるので、必要ないですよ〜。

(こんなに準備してくる人も少ないかもしれませんが。)

あと、パソコンも私はいらなかったです。






日常の3倍くらい時がゆっくり流れる入院生活。

少しでも快適に過ごせるように、参考にしていただければと思います。

振り返れば大変だったし、そして楽しかった♪

そんな風に思える先生や看護師さんにお世話になれて、良い病院で過ごせたなぁーって思います。

でもこれって、結局元気になって帰れるからなんですよね。

体調が安定したら、”健康美”を目指す方々のために自分ができることを一生懸命やりたいと思います。

だから、もう少し待っててくださいね。

また、お客様をお迎えする日を楽しみにがんばります♡



関連記事

Information

小顔&体質改善セラピスト/小西亜梨沙
▫️
「毒出しデトックス」をコンセプトに、東京都板橋区大山町の路地裏にある小さなお店をはじめて7年目を迎えました。
▫️
【隠れ家デトックスサロンLiberta】1日1名様限定
▫️
“ナチュラル集客塾”1dayセミナーを開催しています。
▫️
2019年に息子が生まれ、1児の母になりました。

PAGE TOP